利用目的

東プレ健康保険組合が保有する個人情報の利用目的についてあらかじめお知らせするものです。

当健康保険組合が業務上使用する個人情報の主な利用目的は以下の通りです。

当組合での利用に係る事例 他の事業者等への情報提供を伴う事例
1 被保険者等に対する保険給付に必要な利用目的 法定給付および付加給付の実施 高額療養費・一部負担還元金等の自動払い/市区町村の医療費助成との調整業務/第三者行為に係る損保会社等への求償、外傷の原因照会および調整業務/健保連の高額医療給付の共同事業/法定給付・付加給付の申請・支給/柔道整復師受診に係る内容照会確認と支給
2 保険料の徴収等に必要な利用目的 被保険者資格の確認ならびに標準報酬月額および標準賞与額の把握/健康保険料の徴収/介護保険料の徴収/被扶養者の認定/健康保険被保険者証の発行
3 保健事業に必要な利用目的 健康の保持・増進のための事業/健康増進施設(保養所等)の運営 医療機関への健診の委託、保健事業の委託/健康増進施設(保養所)の運営の委託/被保険者等への医療費通知/各種事業案内・広報誌等の発送業務の委託
4 診療報酬の審査・支払に必要な利用目的 レセプトの内容点検・審査 レセプトデータの内容点検・審査の委託/レセプトデータの電算処理のためのパンチ入力、画像取込み処理の委託
5 健康保険組合の運営の安定化に必要な利用目的 医療費分析・疾病分析/健診データ・レセプトの突合分析 医療費分析および医療費通知に係るデータ処理等の委託/健診データ・レセプトの突合分析処理の委託
6 その他 健康保険組合の管理運営業務のうち、業務の維持・改善のための基礎資料/情報開示・訂正等の対応/レセプトの開示 第三者求償事務における、保険会社・医療機関等への相談または届出等/不正請求調査を目的とした行政(市区町村)へのレセプト提出

番号法第9条第7号において定められた他の医療保険者又は行政機関(以下「他機関」という。)との情報連携における利用目的は以下の通りです。

組合の事務処理執行の為
他機関より情報を受ける場合
他機関の事務処理執行の為
組合が情報を提供する場合
7 特定個人情報 傷病手当金、高額療養費等保険給付審査事務にかかる給付情報等/高齢受給者負担区分判定等にかかる課税・非課税情報/被保険者資格取得事務にかかる他機関における資格情報/被扶養者認定事務にかかる課税・非課税、住民票関係情報等 高額療養費、出産、埋葬関連給付等、他機関の給付事務にかかる組合における保険給付関連情報/資格取得、被扶養者認定等、他機関の資格確認事務にかかる組合における資格取得、被扶養者資格関連情報