共同利用

東プレ健康保険組合は、その保有する個人情報(個人データ)について、以下の通り共同での利用を行います。

個人情報の共同利用について

個人情報保護法では個人情報を第三者に提供する場合、原則として本人の同意が必要となりますが、委託先への提供、合併等に伴う提供、グループによる共同利用については、法律上、第三者提供にあたらないこととされています。

当健康保険組合では保有する個人情報について以下の通り共同利用いたしますので、法律で求められている、次の項目について公表いたします。

1.個人データを共同利用する趣旨

当健康保険組合は保有する個人情報(個人データ)について共同利用者と協力・連携して加入者の健康管理を効率的・効果的に推進する為に以下の通り共同利用いたします。

2.共同利用する個人データ項目

  1. 生活習慣病予防健診、人間ドックの受診者に係る氏名、生年月日、住所、電話番号、事業所名、事業所氏名コード、健診未実施項目、健診種目名、健診受診日、健診実施機関名・所在地、健診・問診結果、相談・指導内容、所見等
  2. 保養所利用補助、各種スポーツ補助に係る氏名、住所、電話番号等
  3. 高額医療給付に関する交付金交付事業に係る診療報酬明細書(レセプト、調剤報酬明細を含む)のコピーと当該レセプト患者氏名、性別、本人家族別、入院外来別、診療年月、レセプト請求金額等

3.共同利用する者の範囲

  1. 東プレ健康保険組合
  2. 事業主の保健業務担当者
  3. 健康保険組合連合会;高額医療グループ  業務委託先;公益財団法人 日本生産性本部・情報システム事業部及び協力会社

4.共同利用目的

  1. 健康診断等の事業を共同利用者と実施し、個人情報を共同利用します。
  2. 保養所利用補助及び各種体育奨励補助事業を共同利用者と実施し、個人情報を共同利用します。
  3. 健保連との高額医療給付に関する交付金交付事業の共同実施健保連では、健康保険組合で高額な医療費が発生した場合に、健康保険組合に対して、その費用の一部を健保連が交付する事業を実施しています。当健康保険組合もこの事業に参加し、高額医療事業の申請を行い適正な交付を受ける為、レセプトデータを健保連と共同で利用しています。

5.個人データ管理責任者

  1. 東プレ健康保険組合 常務理事
  2. 各事業所 担当部署所属長
  3. 健康保険組合連合会;高額医療グループマネージャー