出産で仕事を休んだとき(出産手当金)

出産手当金

出産のために仕事を休み、その期間給料が支払われないときには「出産手当金」が支給されます。支給期間は、出産の日(実際の出産が予定日後のときは出産の予定日)以前42日目(多胎妊娠の場合は98日目)から、出産の日の翌日以後56日目までを期限とした休んだ日分です。

1日当たりの支給額

支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月以上ある場合

支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を平均した額を30で割った2/3に相当する額。

支給開始日以前の被保険者期間が12ヵ月に満たない場合

支給開始日の属する月以前の継続した各月の標準報酬月額の平均額と、当該年度の前年度9月30日における全被保険者の同月の標準報酬月額を平均した額を比べて少ない方の額を使用して計算します。

正常出産、異常出産いずれの場合も支給されます。出産が遅れた場合は、その日数分も加算されます。

出産手当金の支給期間

図:出産手当金の支給期間

産前産後休業期間中の健康保険料

産前産後休業期間中の健康保険料は、出産前後の負担軽減をはかるため事業主の申し出により、被保険者の本人負担分と事業主の負担分が産前産後休業を開始した月から産前産後休業を終了した日の翌日が属する月の前月まで免除されます。なお、厚生年金保険料についても本人・事業主ともに免除されます。

産前産後休業終了後に標準報酬に変更があったとき

産前産後休業を終了した後に、従来の標準報酬月額から1等級以上の差が生じた場合、事業主を経由して申出を行えば、固定的賃金の変動の有無に関わらず標準報酬月額の改定を行うことができます。ただし、産前産後休業終了日の翌日に、引き続き育児休業を開始している場合は申出を行うことはできません。

育児休業等期間中の健康保険料

育児休業期間中の健康保険料は、負担軽減をはかるため事業主の申し出により、被保険者の本人負担分と事業主の負担分が育児休業を開始した月から育児休業を終了した日の翌日が属する月の前月まで免除されます。なお、厚生年金保険料についても本人・事業主ともに免除されています。

育児休業等終了後に標準報酬に変更があったとき

育児休業等を終了した後に、従来の標準報酬月額から1等級以上の差が生じた場合、事業主を経由して申出を行えば、固定的賃金の変動の有無に関わらず標準報酬月額の改定を行うことができます。

申請書類はこちら

書類提出上の注意

A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。

プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。

書類は健保に直接ではなく、事業所の健保担当者に提出してください。

Get ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。

お持ちでない場合は左のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。