高齢受給者証が交付されます

高齢受給者証とは

70歳以上の方には当健康保険組合から「高齢受給者証」が交付されます。(ご本人からの申請は不要です)

これは、病院窓口の負担割合を示す証明書で、医療機関を受診する際には必ず保険証と一緒に提示してください。

高齢受給者証の交付

高齢受給者証が交付される場合 交付時期
被保険者または被扶養者が70歳になったとき 70歳の誕生月の中旬頃
(誕生日が月の初日の場合は前月の中旬頃)
70歳以上の人を被扶養者として新たに認定したとき 被扶養者に認定されたとき
高齢受給者証の負担割合が変更になったとき 負担割合が変更になったとき(月額変更等)

負担割合(自己負担)

原則2割負担(1)となり、現役並み所得者(2)の方については3割となります。

1 誕生日が昭和19年4月1日以前の方は経過措置として1割負担です。

2 現役並み所得者とは、標準報酬月額が280千円以上の方とその被扶養者を言います。

高齢受給者証の開始日

70歳の誕生月の翌月1日(誕生日が初日の場合は誕生月)

例)4月1日に70歳になる方 ⇒4月から対象

例)4月2日に70歳になる方 ⇒5月から対象

既に70歳に達している方が資格を取得した場合や被扶養者になった場合には、取得月から有効な高齢受給者証が随時発行されます。

資格を喪失するとき

  1. 退職等により資格を喪失したとき
  2. 後期高齢者医療制度の対象者に該当したとき
  3. 負担割合が変更になったとき

注意事項

  1. 2割または1割負担の方が高齢受給者証を忘れると窓口負担は3割となります。医療機関に持っていくのを忘れた、紛失した等の理由では精算出来ませんので、充分ご注意ください。
  2. 当健康保険組合の資格を喪失したときは、保険証と併せて高齢受給者証を速やかにご返却ください。